日本共産党

働き方相談室長 藤本ケン

8時間働けばふつうに暮らせる社会へ

-誰もが人間らしく自由に生きられる社会を-

これまで、様々な活動を通して堺区のみなさんとお話しさせていただき、若い人も高齢の 方も大変な思いで生活されているのを感じてきました。

仕事に追いつめられて体を壊してしまった青年、休む時間も削って子育てと仕事をなんとか両立させているお母さん、少ない年金生活で暑い夏もエアコンを使うことすら控えているという方。私自身2歳の娘がいる中で、妻と2人で今の社会で子育てをしていく大変さを実感しています。

この生きづらさの根っこには、私達の思いにまったく寄り添わない今の政治があります。みなさんの声を市政にしっかりと届けることで、どんな人も大切にされ、安心して暮らしていける社会を政治で実現していくためにみなさんと一緒に頑張りたいと思います。

@fujimotoken_jcp
@jcpsakaikumagazine